睡眠の健康効果

仕事のストレスとか、非規則な生活習慣などで、現在不眠で悩んでいる人が増えています。日本人は世界的にも勤労で知られており、忙しい毎日を過ごす中で、削りやすいのは睡眠時間というわけです。眠るために睡眠薬などのお薬やお酒などを使う人もほとんどの年代でも増えています。睡眠は疲労の回復のために重要なことで、健康に繋がっています。

睡眠不足による注意力の低下、脳の血流、活動の低下、疲労感の増幅だけではなくて、健康にも影響してしまいます。血圧の上昇や免疫力の低下など、様々な疾患の原因にもなるかもしれない。昼間に蓄積した疲労は適度の睡眠によってほぼ回復できます。疲労を回復するには睡眠は必須なのです。

睡眠を取ることで、疲れた脳を休ませることができるため、睡眠は非常に効果的なストレス解消法です。また、睡眠中は成長ホルモンが分泌される貴重な時間です。成長ホルモンは、入眠後に現れるノンレム睡眠時に特に多く分泌されます。成長期など、体が大きくなる時期には睡眠をよく取り、成長ホルモンを沢山分泌させることが成長の秘訣です。

睡眠品質を保つためには、規則正しい生活リズムを整える必要があります。

・就寝時間を一定にする
1日のリズムが一定でないと、ホルモンがうまく分泌されなかったり自律神経がうまく機能しないことが増えてきます。

・軽い運動ができる時間を作る
通勤中に歩く時間を長くするなど、生活の中でも工夫して軽い運動ができる時間を作る。:体に適度な疲労感を与えることで、夜ぐっすり眠ることができる。

・太陽の光を浴びる
太陽の光を浴びることで、メラトニンが分解されて目が覚め、セロトニンが分泌されて活動レベルがあがります。太陽の光を浴びることで夜の睡眠に準備のホルモン分泌が始めるのです。

・就寝1時間前に、間接照明に切り替え、光の刺激を弱くする。

温かい色の白熱灯がおすすめ:光の刺激は特にあなたの脳に刺激を与えます。そのため、光による刺激を弱めることで徐々にリラックスした状態になることができます。