効果的な眠気覚ましの方法

1. 洗顔

冷たい水で顔を洗うことによって、脳や心臓に血液が集まります。

顔を洗うとこの効果によって脳や心臓の作用が活発化し、頭が冴えてきます。

洗面器に水を張って、限界まで顔をつけるというのも眠気覚ましに効果的です。

2. 目薬をさす

目薬をさした時の清涼感が眠気を少し緩和させます。視界というのは意識と最も深いかかわりを持つものですから、

視覚を刺激することで睡眠に移行しようとしている意識を呼び戻すのに一役買ってくれるのです。

これだけで完全に意識を覚醒させるのは難しいですから、いくつかの眠気覚ましと並行して行うと良いでしょう。

3. ガムを噛む

顎を動かすことで、意識が睡眠に移行しようとするのを防ぎます。

眠気覚まし用の辛いガムを噛みながら冷たい水を飲む事で、清涼感を強く感じ頭がスッキリします。

長時間運転する可能性がある場合は、辛いガムと冷たい水を持ったほうがいいです。

4. コーヒーやお茶を飲む

カフェインは飲んでから30分後くらいに働き始め、4時間から6時間ほど覚醒効果が持続します。

しかし、普段からコーヒーやお茶等を飲んでいる方には、カフェインが効きにくくなります。

5. ストレッチする

ストレッチによって筋肉を伸ばすことで血流が良くなり、酸素が全身に行き渡ることで覚醒状態となって眠気が覚めてきます。

椅子に座りながらできるストレッチもありますので、眠い時は積極的にストレッチを行いましょう。

6. 体を冷やす

通常には、日中に体温が低くなると、人は眠くなくなります。

ですが、冷水で腕を洗ったり、冷たい飲み物を飲んだり、濡れタオルで首や手首等を冷やして体温を下げることで眠気を覚ますことができます。

近年は涼感を得るためのものが多く発売されているので、上手に活用してください。