ロヒプノールの半減期

半減期というのは「おくすりの血中濃度が半分になるまでに要する時間」のことです。半減期は、おくすりの作用時間とだいたい一致するため、半減期が分かれば作用時間がだいたい推測できます。

ロヒプノールは中時間型に分類されている睡眠薬です。中時間型は半減期が10~24時間ほどのものが多いのですが、ロヒプノールは半減期が7時間前後とやや短めです。

半減期が分かると、そこからそのおくすりの様々な特徴が見えてくるため、おくすりの半減期はとても重要な情報です。

睡眠薬は半減期(≒作用時間)で大きく4種類に分類されています。

・超短時間型・・・半減期が2-4時間

・短時間型 ・・・半減期が6-10時間

・中時間型 ・・・半減期が12-24時間

・長時間型 ・・・半減期が24時間以上

半減期は、おくすりの血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。

血中濃度が半分まで減ると、薬効がある程度消失するため、、

半減期はおくすりの作用時間とある程度一致すると考えられます。おおまかには「半減期」≒「おくすりの作用時間」と考えてよいでしょう。

おくすりが身体がから抜けていくスピードは個人差があるため、半減期は、あくまで作用時間の目安に過ぎませんが、おくすりを選択する際に大きな指標になる数値なのです。

ロヒプノールは「中時間型」の睡眠薬に分類されてはいますが、短時間型に近い半減期を持ちます。

服薬してから1~1.6時間ほどで血中濃度が最高値になり、半減期は約7時間です。中時間型にしては即効性があり、半減期もやや短いことが特徴です。数値だけを見れば、短時間型といってもいいかもしれません。

なぜロヒプノールが中時間型に分類されているのかというと、薬物動態がやや特殊だからです。ロヒプノールは服薬後12時間までは半減期7時間のペースで血中濃度が下がっていくのですが、

それ以降になると、半減期が20時間程度のペースに落ちるという二相性の半減期を持っています。

このように、途中から血中濃度の落ち方が緩やかになるので他の短時間型よりも身体から抜ける時間が長くなります。そのため、短時間型ではなく中時間型に分類されているのです。

ロヒプノールは「中時間型」に属するため、セオリー通りであれば、中途覚醒に使われるべきです。しかし、1時間ちょっとで効きが最高値になるため、入眠障害への効果も十分期待できます。

半減期も7時間ありますので、中途覚醒への効果もまずまず期待できると言えるでしょう。ロヒプノールは、入眠障害にも中途覚醒にもどちらにも使える、使い勝手のよい睡眠薬なのです。

しかし、注意すべきなのは、ロヒプノールはベンゾジアゼピン系睡眠薬の中で、かなり強い部類に入る睡眠薬だという点です。効果が強いという事は、副作用も多めだという事でもあり、また依存や乱用につながりやすいという事でもあります。

このことから、不眠になった場合、最初に使うべきおくすりとしてロヒプノールは不適だと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です