ロヒプノールの効果発現時間と特徴

ロヒプノールの歴史は長く、1975年にヨーロッパで販売を開始されました。世界70カ国前後で販売されています。ロヒプノールは、中時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。効果は非常に強く、もっとも強い睡眠薬の中のひとつです。

発売されて以来、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒のいずれにも効果が期待できるので、よく使われていました。現在でも切り札的な睡眠薬で、どうしても不眠が改善しない時に非常に有効です。

ここでは、ロヒプノール錠の効果発現時間と特徴について詳しくお伝えしていきたいと思います。

◆効果発現時間

ロヒプノールは半減期が7(24)時間の中間型睡眠薬です。効果の強さは「非常に強い」で、入眠障害から中途覚醒や早朝覚醒まで幅広く効果のある睡眠薬です。

薬が効き始めるまでに、15~20分程度かかりますので、服用後にお休みになればちょうどいい感じで、眠りに入れそうです。

ロヒプノールの作用時間は、中間型ですので血中濃度の半減期は時間程度です。

【血中濃度半減期が、7時間の薬でも、効果が7時間期待できるワケではありません。これは「最低血中濃度」が関係しています。この数値が低ければ、血中濃度が「有効域」以下になってしまいます。すると、血中濃度半減期の時間が長くても、薬が有効域以下であれば、薬の効果を実感できません。】

通常の人は、睡眠時間が6~8時間だと思うので、ロヒプノールは、睡眠時間と非常にベストな関係なのです。そのため、寝起きの際、薬で眠気が残ることも少なく、目覚めがいいのがすごい!

◆ロヒプノールのメリット

・即効性がある

・入眠障害に有効

・中途覚醒に有効

・早朝覚醒に有効

・効果が強力

ロヒプノールには即効性があります。飲み続けているとジワジワ効いてくるようなお薬ではなく、薬を飲みはじめたその日から効果が期待できます。眠れないのはつらいので、早く抜け出したいですよね。

睡眠薬の半減期をみれば作用時間を予測することができます。ロヒプノールは作用時間としては、6~8時間ほどです。入眠障害だけでなく、中途覚醒や早朝覚醒にも効果が期待できる睡眠薬です。

ロヒプノールの効果の強さは「非常に強い」です。ベンゾジアゼピン系ではもちろん、他のタイプの睡眠薬と比較しても強力な作用があります。即効性でしっかりとした効果が期待できますので、切り札として使われている睡眠薬です。

◆ロヒプノールのデメリット

・睡眠の質が落ちる

・ふらつきが出やすい

・日中への眠気の持越し

・依存性が強く、離脱症状や反跳性不眠になることがある

・アメリカ・カナダ・オーストラリアでは販売や持ち込みが禁止されている

ロヒプノールを服用すると寝つきはよくなるのですが、睡眠の質が落ちてしまうというデメリットがあります。浅い睡眠が増えてしまい睡眠のメリハリが悪くなってしまいます。睡眠時間はしっかりと寝たのに疲れがとれない、寝不足に感じてしまう、ようなことがあります。

また、副作用に注意する必要があります。ロヒプノールは薬が24時間では抜けきらないので、毎日服用していると少しずつ身体にたまっていく睡眠薬です。飲み続けているうちに、ロヒプノールの副作用が目立ってくることがあります。

ロヒプノールでは筋弛緩作用があるので、ふらつきには注意が必要です。高齢者では、夜にトイレで目覚めることも多くなります。薬が効いてふらついたままトイレに行くと、転倒してしまって骨折してしま うこともあるので注意が必要です。ロヒプノールが日中にも残って作用してしまうと、眠気がでてきてしまいます。朝起きづらくなってしまったり、午前中が集中できなくなることもあるので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です