ロヒプノールの効果・副作用・服用方法について

ロヒプノール(一般名:フルニトラゼパム)は1984年に発売された睡眠薬で、ベンゾジアゼピン系という種類に属します。ベンゾジアゼピン系は効果も良く、重篤な副作用も少ないため、現在でも不眠治療でよく使われます。ロヒプノールの効果、副作用、服用方法、作用時間などは何でしょうか?ほんブログでは、ロヒプノールの効果、副作用、服用方法、作用時間などの情報についてご紹介します。

ロヒプノールの効果
ロヒプノールの効果には即効性があります。飲み続けているとジワジワ効いてくるようなお薬ではなく、薬を飲みはじめたその日から効果が期待できます。ロヒプノールは他の多くのベンゾジアゼピン系薬剤と同様に、鎮静、抗不安、抗けいれんおよび筋弛緩作用を有します。鎮静作用(特に入眠・催眠作用)に限ってはベンゾジアゼピン系に分類されるものの中では高力価とされ、治療範囲での投与量で比較するとジアゼパムのおよそ10倍の効力を持つとされます。

ロヒプノールの効果の強さは「非常に強い」です。ベンゾジアゼピン系ではもちろん、他のタイプの睡眠薬と比較しても強力な作用があります。即効性でしっかりとした効果が期待できますので、切り札として使われている睡眠薬です。

ロヒプノールの副作用
最も起こる可能性が高い副作用としては翌朝の眠気、ボーっとする症状などがあります。また超短時間型睡眠薬、特にハルシオンなどで起こる可能性が高い
一過性前向性健忘が起こる可能性はあまりありませんが起こる可能性は考えられます。とくに多めの量を長く飲み続け、体が薬に慣れている状態で急に中止すると、かえって眠れなくなったり、不安やイライラ、吐き気、震えなどの反発的な症状がでることがあります。中止するときは、医師の指示のもと徐々に減量するようにしましょう。

ロヒプノールの作用時間
ロヒプノールは「中時間型」の睡眠薬に分類され、服薬してから1-1.6時間ほどで血中濃度が最高値になり、半減期は約7時間です。中時間型ではありますが、飲んでから1時間ほどで効果が最大になるため即効性も期待できます。半減期も7時間あるため、持続力もあります。即効性もあり作用時間の長さもある、という万能型の睡眠薬なのです。

ロヒプノールの服用方法
通常、1回0.5~2mgを就寝前または手術前に使用します。なお、年齢や症状によって用量を調整しますが、高齢者には1回1mgまでを上限とします。

不眠症の場合は、就寝の直前に使用してください。また、服用して就寝した後、睡眠途中において一時的に起床して仕事などをする可能性があるときは使用してはいけません。

その他お役立ち情報:

シアリスジェネリック医薬品はシアリスと同等な効果が持っていて、しかも価格はシアリスよりも安いです。

レビトラの購入は、健康保険が適用されませんが、医療機関で診察を受けて処方してもらうか、通販の個人輸入サイトを利用すれば購入できます。

女性用媚薬の効果には、「催淫作用」「発情作用」「体の感度アップ」と3種類の作用があります。